遠い過去と、遠い未来をつなぐために

日本オオクワガタに拘り累代飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて

 競馬の予想はバッチリでした。ただ、ブエナビスタには安藤騎手が合ってたと改めて感じました。有馬記念や京都記念でも感じましたが、強いことは強いけど・・・。的な物足りなさを感じます。今日もよく届いたと思いましたが、上がり最速はミクロコスモスです。ドバイ遠征後の疲れがあったと思いますが、牝馬限定戦なら昨年のウオッカのような圧勝劇をしてもらいたかったと思います。そのドバイでペリエ騎手が後方待機のレースをしたことも皮肉でしたね。もっと書きたいことがありますが、競馬の話題で終わりそうなので本題のクワ話でも

 Type-3Lineから良さそうな個体が羽化してきました このラインは大型幼虫が多かったので羽化はこれからが本番です。Type-3が翅パカでしたので羽化不全が少し心配でしたが、2頭綺麗に羽化してくれました 結果から判断すれば、メインで沢山採れば凄いのが羽化してたかも?とっ、判断ミスを少し後悔しています。
親種のType-3は、S.ako064Fの同腹配合でしたので、うちのラインでは一番064当代の血が濃いラインです。やはり血の濃さも重要のようです。濃すぎれば羽化不全や産まないなどの弊害の可能性もありますし、さじ加減が難しいですね。また、翅パカでしたので正確な体長が分からなかったのですが、錯覚を起こすような個体でした。頭幅が広くサイズ的には75cmぐらいあるような感じなのに、どう測っても72mm台ぐらいの感じでしたし顎も見た目よりも数値があり自分の測り方に疑問を感じたりしたのを覚えています。
そして、まだ2頭しか♂は羽化していませんが、やはり頭幅は広いように見えます。全体を見ると感じませんが、パーツ毎に見ると意外と太いような気がします。実際に固まって測ったら大したこと無かったなんてオチは嫌ですね

 Type-3から親種級が出たとしてもブリードシーズンには間に合いませんので、下の個体で今年はやってみようかと思っています。

20100516_02.jpg

昨年の475Lineからの個体です。あまりの頭部の綺麗さに残していた個体でして、羽化当時はあまり太さは感じず綺麗な個体という印象が強かったのですが、改めて計測したら64-5↑ぐらいありましたので少し小さいですけど、T1/jr024ぐらいのスペックはありますので親種で使ってみようと思います。

しかし・・・今年の親種は2頭共小さい(笑)
スポンサーサイト

テーマ:国産オオクワガタ - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://binodulosus.blog52.fc2.com/tb.php/287-184e794e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

百瀬

Author:百瀬
国産オオクワガタに拘り飼育管理しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

時計

ブログランキング

応援クリックお願いします(^^)

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

</CENTER>QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。