遠い過去と、遠い未来をつなぐために

日本オオクワガタに拘り累代飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日も終わり

 やっと落ち着いてきました。4月にはフェアがあり、そのままGWに突入と慌しい毎日でした。売り上げも3月4月と昨年の売り上げを上回りましたし、景気の回復兆しありでしょうか? 売り上げがあれば肉体的にはハードになりますが精神的には楽になりますので気分的にも有難いです ただ、天候不順のせいか体調を崩したりとキツイ日が多かったです。

 日記は更新してませんでしたが、夜な夜なクワの世話はしてました。うちでも蛹化ラッシュが始まりましたが、ボトルの底に蛹室を作る幼虫がいますので前蛹段階でお引越しさせたり、冬眠から覚めた成虫のエサやりなど小まめにやっています。そんな成果か、最初の1頭目が羽化不全だった以降は羽化不全0を更新しています ・・・ただ太いのも出ません。今年ほど厳しい年は無かった気がします。現在で、70-5.5が最高です。例年でも70-5.5以上の個体は多く出ませんでしたが、今年は全く出ていません。なにより70-5.5クラスはコンスタントに羽化していましたが、今年は数も少ないです。親種のスペックが1ランク足りなかったのかもしれませんね 感じることは遺伝力が乏しい?太さは別にして、「顎の極短」・「頭幅が広い」という特異性を受け継いだ個体が出てきません。血統的に顎は短めではありますが、親似?と思える極短歯個体が羽化してきません。1頭ですが、まさに理想の形状という個体もおりましたが、悲しいことに太さが・・・。70-5.5でもあれば親種にしたいぐらいの形状でしたが、それさえもありませんでした 残っている蛹に太そうなのもおりますが、目が細めに慣れている気もしますので羽化してみないことには判断できませんね そして、お試し気分で交配したType-3の方が平均が良い感じです。Type-3は翅パカでしたので1♀しか交配してませんし数も採りませんでしたが、少ない割りに太い蛹が出ています。スペック的には1番のType-3でしたから、やはりスペックを最優先させた方が良いのかな?

昨年も不作でしたし、今期の親種をどうするか深刻な問題を抱えてしまいました。027Lineのチビはいますが、064LineはType-3は落ちてますし、Type-1は種なし?と思ってしまうほど産みません。Type-2は今年の結果から遺伝力に疑問があります。ほんと今年は厳しい とっ、悲観しても仕方がありませんので、そんな状況も含めて楽しみたいと思います。まだ羽化が終わったわけではありませんので、大逆転!なんて個体が羽化するかもしれませんしね

スポンサーサイト

テーマ:国産オオクワガタ - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://binodulosus.blog52.fc2.com/tb.php/280-eb8ce93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

百瀬

Author:百瀬
国産オオクワガタに拘り飼育管理しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

時計

ブログランキング

応援クリックお願いします(^^)

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-

QRコード

</CENTER>QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。